通販でくき茶を購入する時のポイント

緑茶の種類はとても多いです。スーパーに並んでいる種類も多いですが、インターネットの通販サイトを見てみると数えられないほどの種類がそろっています。産地や品種、栽培方法などの違いが多いです。緑茶は、製造過程で選別を行います。葉と茎、粉などで選別をするのですが、見た目が選別をする理由です。すべて混ざった状態の荒茶でも十分おいしいですが、葉のみの方が見た目は良いのです。選別された茎はそれだけでもおいしいお茶として利用されます。くき茶として楽しめるのです。選別前のお茶が高級だと、茎のお茶も高級品として扱われます。ランクも分かれて、価格も違ってきます。このような種類を購入できるのが通販です。ランクの違うお茶の他にも種類があり、いろいろなお茶を選べます。

茎を使ったお茶のおいしさの特徴や種類

くき茶は、仕上げの過程で取り除かれる茎の部分を使用したお茶ですが、それでも十分おいしいお茶です。葉のみのお茶とは違った味を楽しむことができます。茎は葉よりも太陽の光を多く浴びることはできませんが、それにより苦みが少ない味となります。また、旨み成分が葉よりも多いのが特徴で、甘さを感じられるお茶です。一般的なお茶はお湯の温度が味を変化させるのですが、茎の場合は熱いお湯でも渋くならないため小さな子でも飲みやすいです。お湯を入れてから時間をおくと味が出てきます。ランクが分かれていて、100g300円から800円の物が多く販売されています。高級になると100g1000円以上になります。フレーバータイプや抹茶入り、ほうじ茶に加工された物など種類も多いです。

呼び方の種類と安く購入する方法

通販でくき茶を購入するポイントは、いろいろな種類から選べることが挙げられます。ティーバッグになったタイプもあり、簡単にさわやかさが特長のお茶を楽しむことができます。また、お茶の名前について知っているともっと多くの種類から選べるようになります。茎を使用したお茶なのでくき茶と呼ばれていますが、製造会社や地域、種類によって名前が変化します。他の呼び方には「白折(しらおれ)」「雁が音(かりがね)」「棒茶(ぼうちゃ)」などがあります。特に雁が音は玉露や高級な煎茶の茎の部分のことを指していて高価です。通信販売では、このような名前を使用して表示されていることもあるので、知っていると選べる種類が広がります。また、製造工場が行っている通信販売の場合、安く購入できることもポイントです。