事故に遭った車は廃車すべきなのか

修理をするべきなのか迷う場合にエンジンが目安になる

事故車のスクラップに難色を示し、愛着があるなら、多少のヘコみや浅い傷程度であれば、修理して乗り続けるのも有りでしょう。しかし、損傷の激しい車、特にエンジンの修理代は高くつく傾向です。車は古くなるほど時価も下がり、修理できるにしても中古ならばパーツが手に入らない可能性もあります。安全性に関わることですから、信頼できるディーラーに相談するか、廃車する方が安心です。100%修理ができない目安としては、エンジンのダメージであったり、海水に浸かるなどを含め、水没してしまっては、錆や電気系統の故障により不具合や再度事故に繋がることになり兼ねません。この場合には手放す方が適しています。交通事故で車を廃車せざるを得ない場合、請求できる損害賠償も気になるところで、物損の場合、損壊の程度をはじめ、被害者がケガをすれば、その対象や範囲も異なるのが理由です。新車の代金全額を請求はできず、時価によって評価されることも知っておきたい内容です。

せっかくの機会だから買取サービスを活用

廃車に費用が掛かるから、取りあえず倉庫に保管しておくケースもあります。ディーラーでは、中古車として販売しないために費用が発生してしまうので、最も賢い手放し方となるのは、専門業者の買取サービスを利用するという点です。倉庫に眠らせておくことで、動かなくなることもあります。そうした場合には、牽引するための専用トレーラーが必要となり、費用も発生してしまいます。仕事用であれば、本来仕事で得られた利益を休車損害として、加害者側に請求することも可能ですから、なるだけ、早く買取してもらいましょう。たとえ自動車として機能はしなくとも、解体した後、パーツを含め、鉄やアルミ素材を査定してくれるので、一文にならないなど、こうした問題が生じないのが買取サービスの魅力です。

スクラップしないで損もしない方法

トラブルに遭って修理も不可、それなら買取業者に売る選択が可能です。一般人にとって、あまり馴染みのないスクラップにする行為、ですが本来の意味は、車歴を抹消する手続きを指しているそうです。もちろん、スクラップにする永久抹消登録と、解体せずに車歴を抹消する一時抹消登録の2パターンの手続きを選択できます。賢いのは、シュレッダーダストやエアバッグなどを自動車メーカーに引き渡し、適切に処理や資源としてリサイクルしてもらう方法でしょう。どうしても事故車は下取り価格も安く、いわゆる査定落ちとした価値でしかありません。査定も付かないなら損しているようなイメージですが、解体した車のパーツや部品には多少なり価値も付きます。市場でどれくらいの価値があるのか、海外へも輸出している業者であれば価値は十分あるでしょう。注意点としては、処分するために必要な費用として、解体費と抹消登録費、場合によってリサイクル料が掛かります。レッテルが貼られ、中古車市場で敬遠されるため、人気車でも通常の買取店では取引されにくく、やはり専門業者に査定を依頼し、買取、あるいは解体のちパーツ買取してもらいましょう。手続きに関しても代行してくれるため、損ではありません。

記事を共有する